上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
0017.jpg
素敵な会場ですばらしい仲間とのすばらしい時間の共有は私の人生の最大な喜びの場となりました0020.jpg
いろいろな種類の箸置きを生徒たちが真心を込めて作ってくれました。紙粘土の軽いので、絵の具で色づけされています。
特に日大の吉田隆子教授はとても感激し、日大の授業の一環や、三島市における食育推進に利用できると残った箸置きを持って行ってくださいました。0022 (640x427)
ホテルのお計らいで、テーブルにはオリジナルの献立表が用意されていて、私もびっくりしましたし、嬉しくもありました。
スポンサーサイト
2009.09.30 Wed l 未分類 l コメント (0) l top
司会はプロの平野グループの平野さんにお願いしました。
0032.jpg

安心して会場に入ることができました。
0034.jpg
0036.jpg

2009.09.25 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
楽しいことは倍になり、悲しみは半分になるとはよく言われることですが・・・・・・・・。

私はお世話好きなので楽しさをみんなで共有することが大好きです。

まだ会場が開く前の状態です。
0003.jpg
0013.jpg
0015.jpg
0016.jpg
0018.jpg



2009.09.25 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
0004.jpg
0001.jpg
マーキス会場に入るとまず目に飛び込んできたこのポスター。

豊嶋哲平君のお父様が書いてくれたものです。すばらしい!
2009.09.25 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
をもって

が今私が考えている房仙会の新しい理念です。

歳はとっても、心はいつも情を持ち、熱いレッスンをし続けたいのです。

箱根の里で始めて発表しましたが、参加者はとても喜んでくれましたので決定したいと考えています

いつもながら箱根の里での特別勉強会は書く事だけでなく、メンタル部分の強化も図ります。

今回のテーマは「投資」でした。

いろいろな投資がありますが、惜しみない投資が自己成長には欠かせないものであることはみんな充分理解しているものの、つい自己投資を後回しにしがちです。

投資とはお金を儲けるためだけの手段ではありません。

私の父親の口癖は「書道はお金がいくらかかっても、自分の身体に染みついてなくならない。」でした

惜しみなく贅沢をさせてくれたものです。

筆、墨、紙等いつも何も言わず与えてくれました。

小学校の時もいつも悪いなーと思いながら父にもらっていました。実家は文房具屋だったからです。

「けちらず使いなさい!」と言われました。
月謝も当初は個人レッスンでしたので費用もかかっていたはずでしたが、一度もお金がかかるとか言われず習って来れました。

もっと練習しなさい!とは言わない父でしたが、父の愛は私には充分過ぎるほど伝わっていました。

私が少しでも良い賞を頂くと、親戚や近所に自慢していました。

はじめは恥ずかしくて嫌だったのですが、いつからか、父の喜ぶ顔見たさに、自分でも賞をほしいと思うようになっていきました。

良い賞を取ると、案の定、すごく喜んでくれる父がいました。

母はというと、いつも冷静で「あら、そうなの?」と感情を出して喜ぶことはあまりなく、父と母の性格の違いを子供ながらおもしろく客観的に眺めていたものです。


言うまでもなく、親というものは子供にものすごい影響力のあるものです。

先日、ベトナムから帰ったばかりの浅井大美子先生から電話が来て
「日本の子はどうかしている!ベトナムの子は純粋で・・・・」と、何かがあったのだろうが
「親を見れば子供がわかると昔の人はよく言っていたが本当だとつくづく思っている」とおっしゃっていたのが印象的でした。


趣味に自己投資出来る人は幸せだと思うのです。

一度身に付いた技術はなくなりませんから。
2009.09.23 Wed l 未分類 l コメント (0) l top
華甲展と旅行と読売表彰式 018
お陰様で8月13日から18日までの華甲展は、連日多くのご来場者が来ていただき盛大に終了することが出来ました。

ありがたかったです。

嬉しかったです。

勇気がわきました。


実は
8月13日開始日、10時から18時までにしたことを初日から後悔したのでした。

長すぎる!と悲鳴を上げました。

初日と言うこともあり、緊張し、立ちっぱなしでした。

お一人、お一人に対応しようとしていました。

午後になって、自分のからだがこれでは1週間持たないと危惧し出していました。

柔な時ぬんの身体を憂いました。

と言うことで2日目からは、お客様が来ると喜んでお茶に出かけました。

何とか1週間持ちました。

体力はつけておくもので、1日にして成らずと言うことを身にしみて感じました。
華甲展と旅行と読売表彰式 056
華甲展と旅行と読売表彰式 029
華甲展と旅行と読売表彰式 031
華甲展と旅行と読売表彰式 030
華甲展と旅行と読売表彰式 023
2009.09.20 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
あっという間の一ヶ月でした。

今回、何回も書くのですが、慣れないため、途中で消えこれで3回目?

記事を保存と書かなかった為でした。

写真を一杯載せたくて、データーを小さくしています。

明日は、9時からお稽古で終了後、箱根の里に出かけます。

勿論、生徒と一緒です。

情熱のある授業をしたいと計画しています。

2009.09.20 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。