上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
房仙会にもマリセルというかわいいフィリピンから日本にお嫁さんに来た女性が入ってくれた。

今日もとても楽しく、房仙会の教室が外国に行ったような錯覚に陥るほど、
みんなが親切にマリセルに指導する。

ライト、ノーノー、
オッケー、
私達が片言の英語を話すと
彼女は
「先生、ありがとう!楽しい!」と日本語で返す。

そのギャップが楽しい。

笑顔をいただき、マリセルに感謝です
スポンサーサイト
2011.03.22 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
白羊会の作品、何と、今日までかかってしまいました。

もう、書けなくて、書けなくて、情けなくて、情けなくて

くじける寸前でした。

何とか、ほんと、何とか、計画停電の前に書き終わりました。

母を呼んで、看て、なんとなく、ようやく日常に戻ります。

書いている途中、東北東日本巨大大地震があり

ついにめまいが来たかな?と思ったほどでした。

誰もいなく、3階で書いていたので、揺れに動じました。

階段のシャンデリアが揺れているのを見て、

めまいではなく、地震だと分かったのですが、それでも何とか書かなければ!と
私にしては、初めての努力でした。

書けない事を通し、生徒の書けない気持ちも良く理解出来たし、
また、きっとこれでステップアップしたのだろうと、自分で自分を褒めてあげてと
いつも、生徒に話していることが実現できてありがたかった!

嬉しい
2011.03.22 Tue l 未分類 l コメント (0) l top






iPhoneから送信
福田房仙です。

2011.03.17 Thu l 日常 l コメント (0) l top






iPhoneから送信
福田房仙です。

2011.03.17 Thu l 日常 l コメント (0) l top

二度目のくら寿司です(^_^)
たくさん食べています。とっても美味しいです

食べているとき、家から電話が入りました。
娘からでした。
「。。さんが無事だと電話が入ったよ」と言って泣いていました。

良かった!我が子も優しい子だと、その優しさが妙に嬉しく、私もこみ上げるものがありました。

震災に遭った方には、大変も申し訳無く思いながら、どうしたら被災したかたが喜んでくれるのか
考えてみました。

相手を思う心も受け取り方が千差万別ですから、相手の心をくみ取って
良い様に、良い様に、プラスに受け取り合うことが大切であると思うのです。



2011.03.13 Sun l 日常 l コメント (0) l top
私は、地震の起きたその時は一生懸命書いていました。

締め切りが間近の作品に追われ、疲れたのかな
あれ?目が回っているのかな?

と、気になったとき、

あまりの長さに耐えられず、思わす外に飛び出したのです。

向かいのおばさんも
「すごい地震!」と柱にかじりついていました。

あいにく主人は仕事で外にいて、家はわたしだけ。

淋しいな、と不安感が増しました。

3階にいたので、取り急ぎ2階に行き、テレビをつけたら地震で、しかも大きい。

でも書かなければと、何とか冷静を装い書いていたので、かえって良かったのかも?

夕方、手紙をいただいた尊敬する人にお礼をお伝えしようと何気なく電話を

かけたらつながらない、やはりと、心配になり、かけ続けると、なんと

「河口湖駅にいて、今日はここに泊るしかないので覚悟しています。」と言うことでした。

主人の同意を得て、迎えに行くことに決定。

車を走らせるも、東名が御殿場までは通じてはいる物の、後は交通止めを知り
あまり走ってない東名も初体験で
御殿場に着き、一般道に入ったら周りの家々から電気が消え
停電を知り
信号機も何もついていない道路を注意しながら走り
所々に警察官のかたが誘導してくださっている姿を見て感激し
「ありがとう!」が思わず飛び出し
周りを見回すと、雪が積もり
ほんの少し走っただけなのに
三島と全く違う景色に感動しつつ
高速道路が寸断され
旧道を走っているため、この道路で果たして河口湖駅に着くのだろうかと
車のナビを疑い
主人の勘を信じ、ようやく到着したときはほっと胸をなぜおろしました。

大事な方をこの駅で泊まらせる訳にはいかないと、
「行って良かった」と自己満足をしたのでした。
帰路ホテルの予約をとしてもすべてホテルが満員で、
弟のお陰でプレオープンン中の新しいホテルに予約出来
泊まっていただけほっとして帰宅したのは、12時近くでしたが、
至って元気です。

岩手の友達の様子も心配・・・・・
あっちの親戚も心配と
今回の地震の大きさには、きっと皆さんも心を痛めていることでしょう。

お互い、助け合い、分かち合い、みんなで進んだら怖くない精神で乗り越えられたら良いですね。

2011.03.12 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
「食育書道展」を提案下さったのは砂田登志子先生でした。

ブログよう食育書道展用写真

2008年8月9日(土曜日)の静岡新聞に掲載された記事です。

食育をテーマにカラフルに書いて見ました。

房仙会展での初めての試みでしたが、会場にいらしてくださった見学者はとても感激くださり、
子どもも私達もとても嬉しく感動しました。

食育都市 三島 で

今年6月19日、20日に食育全国大会が行われるにあたり、
日大でのブース提供が許可され、いよいよ発表会となります。

砂田先生に、発破かけてもらいました。

「ともかく、あなたが全国初、食育書道展を成功させなさいね
と。

皆さんの助けを借りて少しずつ構築していきたいと思います。

何か良い案があったら是非お知らせ下さい。

私がこのように手伝うよ!と言ってくださるのは大歓迎です。
2011.03.11 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
砂田登志子先生とは、実に長いお付き合いで、現在も電話で交流があります。
先生は内閣府の食の委員他、国の多くの委員をこなしていらっしゃいます。

私は先生のと公認のみしまの事務所長なのですが、1年間疎遠になっていました。

先だって、電話で

「昨年は、C型インフルエンザから始まって、口蹄疫で大変だったのよ。
ともかく、大きな何千人規模の講演会がドタキャンになり・・・」

と、昨年のキャンセル分を、今年に入ってこなしてきて、忙しい日々を過ごしておいでの様子でした。

今年の1月15日、16日、私がみしまで「清水英雄先生講演会」『藤城博先生講演会」の動員に
明け暮れていた時、砂田先生がは九州に入らして、大雪に見まわれていたそうです。

今年の6月19日、20日で「第6回食育推進全国大会が三島市において開催されます。

砂田登志子先生は、1回目から3回目までは基調講演をされました。

佐賀の全国大会まで毎年出ておいででした。

早くもう少し早く電話いただいていたら・・・と残念でしたが
今年の基調講演からすべて決まっていました。(続く)

2011.03.08 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
房仙会のみなさま

大人のクラスで房仙先生にお世話になっております吉川美有紀と申します。
東京でこころとお金をテーマにした各種サービスをご提供する会社を経営しております。
実は、突然で恐縮ですが、皆さまのお力をお借りしたいことがあり、房仙先生にお願いを致しました。

弊社は、まだ設立して1年足らずのヨチヨチ歩きの会社なのですが、来週水曜日にニッキンマネーという日経新聞系の雑誌の取材を受けることになりました。
5月2日発売日の号の特集記事の一部の囲み記事に載る予定です。
そこで、私たちが考えた、こころとお金のバランスやインテリジェンスを計るMMQという指数の話もする予定なのですが、まだ設立して1年であるため、サンプル数が少なくて困っています。そこで、房仙会の皆さんに、そのチェックシートをやってみていただけないだろうかと思っております。
お忙しいところすみませんが、差し支えなければ、以下のURLをクリックしていただき、こころとお金に関する質問にお答えいただきました上で送信していただけたら幸いです。

https://ssl.formman.com/form/pc/xe8VVtiaLYbtt7MX/

お名前やメルアドをご記入いただく欄がありますが、もし抵抗がおありになる場合は、記入されなくても大丈夫です。ご記入いただくと、自動配信メールでお礼メールが届きますが、そのメルアドにこちらから、ご連絡させていただくことはございません。
また、何らかの営業に使用することもありません。
突然のお願いで恐縮ですが、ご協力お願いできますでしょうか?
どうぞ、よろしくお願い致しますm(_ _)m

弊社ホームページです。
http://www.libera-cc.co.jp

御回答いただける場合は、パソコンからアクセスしていただけますでしょうか?お手数をおかけします。

株式会社LIBERA C&C
吉川 美有紀 i phoneより送信


生徒も沢山の職業の方がいます。

本来、私は非常におせっかいです。

携帯がソフトバンクのiPhoneがいいと思うと、思わず薦めたくなります。

営業していると間違えられるほど。

昔はお節介なおばさんが沢山いたのに今は少なくなって
貴重人かも知れないな?と。

誤解無く願います。

手数料はないですから
2011.03.07 Mon l 未分類 l コメント (1) l top
褒めて称えて大激賞

この三花王に学ぼうじゃないか

今日はあなたの心の中の花さがし

桃の節句の雛祭  心の中に落とし込む

五人囃子が曲奏で

あなたの心の花を盛り上げる

あなたの心の三冠王

みつけて嬉しありがとう




出来ている人ほど謙虚で頭が低い

偉ぶらない

相手に対し優しいって思いませんか?

毎日、毎日が修行の日々であることが、生きるって事だと思います。

思い通りに行かないからこそ楽しいし
わくわくするし
ありがたい

人生、年を重ねると言うことが素晴らしいと、今年を取って感じる事です。

若い人も素晴らしい、

年をとった、年輪を重ねる事もすばらしい、

相互で協力し合い、認め合う

そこには自然に感謝の心が目覚める

そんな社会にしたいですね。
2011.03.07 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
どこかに時間をかけ聞きにいかず、
講演料も払わず
家にいながらにして良い情報を知ることが出来る時代になっています。

私は、FAXをいただいた時、独り占めにしたくない、してはいけないと思いました。

清水英雄先生からのメッセージ3です。

先生の太っ腹を知っていますので
載せてしまいま。

椿が咲いていたら両手で持ってありがとうと囁こう

が咲いていたら天を仰いで囁こうありがとう

が咲いていたら幹に手をあてありがとう

咲いた花見て喜ぶならば咲かせた

根本の恩を知れ


私達はすぐ忘れる動物です。
だからこそ生きていられる、そのとおり。

私も色々つらい事があっても、すぐ忘れる良い性格です。

若かった頃は
「良い性格だ」と自分で言い切れたのですが
この年(?)になると
家族から
「ぼけたんじゃないの?」
とか言われると、がーんと怒りがこみ上げる、これって危険と自分を否めるのです。

結構、こう見えてもくよくよ悩んだりします。

母は寸前の事を良く忘れるようになりました。

厳しかった、几帳面だった母が、私の家を訪ねて来ても
何も言わなくなりました。

「うるさいな、分かっているよ!」と心で葛藤していた頃が懐かしいです。

母と喧嘩しなくなったら、その時は母が弱っているときだと
想像していたのに
そろそろ来てしまった!って感じです。

心から
「ありがとう」が言えるのは、今は母かな?

主人にも
「ありがとう」ですね。
2011.03.06 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
椿は 花は国際的な館賞花
       実は油となり
       気は良質の炭に
       捨てるところ全く無し

梅は 馥郁たる香りを四方に発散 (馥は・り・ふく・かおりの意・郁はいくの意)
       鶯呼び込む粋な花

櫻は 萬人を引き寄せ連日開花
       情報大さわぎ
       その経済効果は3兆9千億円

偉ぶらず 言い訳一つせず
凜としてその存在天下に晒(さら)す
2011.03.04 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
草の戸も住み替はる代ぞ雛の家  芭蕉

3月は素晴らしい月 

すごい月

感謝 感動 感激の月

椿 梅 桜 三大花 揃い整い三花(冠)

花は黙って咲き 黙って散っていく

寒い寒いと弱音も吐かず

光 水 風 水が少ないと不平も言わず

忙しい 疲れた 困った 苦しい 辛い

暗病反 消極的な言葉も一切言わず

黙っていてもしっかりきっちり明元素

と全部は書けませんが(先生からお許しを頂いてないので)
少しだけ、おすそ分けです。


2011.03.03 Thu l 未分類 l コメント (0) l top
ありがたい事に私のブログを待っていて下さる方が沢山いることを知りました。

毎日、実は書く事が一杯あります。

でも、自慢のように聞こえてしまうのではないか

こんな事を書いたら、なんて言われるのだろうか?

と、弱虫の世間を気にする私の情けない心が働き
書けないのです。

でも、自然体が私らしいので、
また、今はつぶやきの世界観ですので

遠慮せず、
間違いも恐れず、
思ったまま、
ありのままを書きます。

昨晩、お稽古中に
「砂田登志子さん」から電話が入りました。

彼女は食育のスペシャリティーです。

日本を引っ張って来た人です。

大先生です。

その彼女が、自分との対話?をどんどん書いて良いよ
後押し下さいました。

実は、少し遠のいていました。

私のお節介で,
「どうしても砂田先生に会いたい、紹介して!」と言われ紹介した人と
砂田先生との狭間で苦しみました。

我が家には、私よりきちんとした、結構怖い夫がいます

彼の許可無くしては進めない弱い私が存在していて、彼は砂田先生との
深い関係を佳しとしていませんでした。

でも、さすが砂田先生はすごいです。

近頃は、「夫によろしくね。」と必ず付け加えてくれるのです。

昨年は砂田先生にとっては、あまり良い結果には至らなかったようです。

大きな何千人規模の講演会が
C型インフルエンザでキャンセルが続き
次には口蹄疫でドタキャン。

そのお陰か?
今年に入って、九州で4カ所の講演をこなしたそうです。

北九州では大雪で大変だった様子を詳しく説明下さいました。

6月19日、20日の三島における
食育全国会議も真剣に考えて下さっていました。

以下、又続きは書きますね。
2011.03.01 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。