上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
長い間、お世話になったFC2から
アメーバブログに引っ越しました!

アメーバブログも宜しくお願いします。

新ブログはこちらから。

スポンサーサイト
2013.06.21 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
房仙のブログと同じですが、こちらにも閉鎖するまで貼り付けます。
最後までご覧いただけると嬉しいです。

生徒に聞いてみました。

「虎と猫、どっちが好き?」

猫が多かったです。

その理由は可愛いからでした。


昔っから

「虎と猫」の比喩は大好きでした。

有名な中国の故事にあると言っていましたが確かではありませんが

いつも叔父が話してくれました。



「虎になれ!」って。



虎ってネコ科って知っていましたか?

虎と猫は同じネコ科の仲間です。

猫は虎を見ると同じ動物だと思い、噛みつきます。

ところが、虎は猫を見ると、噛みついたら猫が死んでしまうことを理解出来、噛みつかないのです。

人間も同じです。

虎の人は、決して猫の人に噛みついたりしません。

猫の人は、噛みついて、虎の人を悩ませます。

どっちになりたい?

ネコ・・・・と言われると少し困ってしまうのですが、

トラになりたい人を房仙会では育てたいと思います。

2013.06.14 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
房仙会のHPから入っていただき
房仙のブログ一本にしたいと考えています。

福田房仙は書家です。

房仙は食育委員です。

房仙会主宰
一般社団法人ここね 代表理事

同じ人です。

売名行為をするつもりも全くありません。

なので
福田房仙で一カ所でお話した方が通りが良いことが自分で納得出来るようになってきました。

今までは書道のことは房仙ブログ
個人の事は書道家福田房仙の日々

で分けてきました。

ここのブログは当分お休みというか休憩しまして

房仙ブログに集中します。

そちらをご覧ください。

新しいブログはこちら

2013.06.13 Thu l 未分類 l コメント (0) l top
2013年6月2日の日曜日に夜6時半から保護者会を行いました。

この保護者会は親と指導者である房仙とのコミュニケーションが取れる機会です。
親の意見を理解出来る絶好の機会です。

大切だと認識している房仙は、だからと言って、前々からどんなことを話そう!と準備しません。
当日、寸前に話す内容は決めるんです。

集まる人、悩んでいること、どんな内容が聞きたいか
一番理解しているのは房仙です。

よし!今回はこの線でいこう!
と、当日突然ひらめきます。

今回も前日までは一向にひらめきもありませんでした(苦笑)

親や子どもの怒りが聞こえて来ました。

房仙を信用してくれている親がいて

親にも言えない事を伝えてくれる生徒がいて・・・

その間に入って・・・・
真剣に どうしたらお互いがハッピーエンドになれるか!・・・・
と考えます。

真剣に考え
結果を出さないと信頼は生まれません。

長い年月 いろんな事がありました。

あのこと このこと 本当に一杯ありました。

今年に何があったわけではありません、念の為にお伝えしておきます。

今回もみんなすごく喜んでくれました。
喜ばれることをするって
すごくありがたい事です。

房仙会ブログをご覧ください。http://bousen.weblogs.jp
2013.06.04 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
出会いによって人生が大きく変わるのはもう皆さん体験はあることでしょう。

一般社団法人ここねを作るときも大きな出会いがありました。

清水英雄先生です。

この先生とは、お会いした瞬間、ピンと来るものがありました。

「先生!理事になって下さい!」
「分かった!」

全くお互いが何も知らない時なんです。

そこからお互い、どういう素性が分かりだすのです。

そんな出会いを求めていました。
突然やってくるのです。

「第14回房仙会社中展」
終了後の打ち上げは、清水英雄先生が司会、進行をしてくださることになりました。

楽しみです。
どうか、皆様スケジュール調整ください。

終了後午後4時ぐらいから、みしまプラザホテルでやることになっています。


出会い!
当日、皆様にご紹介しますが
素敵な人たちも来ることに決まりました。

お楽しみに。

話は変わりますが
今日も母が泊まっています!
母のお陰で早起きになりました。

昨日は母は午後6時40分に就寝。
なので今朝3時には
「おはよう!」なのです。

「まだ早いよ、もう少し寝ようよ」
とトイレに行ってもらい
また寝てもらいます。

母は直ぐころりと寝付きます。

私は4時も寝ながら知っています。
今朝は5時まで布団にいました。

夜の仕事があるからです。
読売展の作品書きの添削会があるからです。

こんな生活が結構慣れて来ました。

まさか自分の親の介護(とまでは言ってないか?)をするとは夢にも考えなかったのですが、
いつかは順にやってくるんです。

母の口癖は
「ありがとう!」です。

娘の私にも
「ありがとう!ありがとう!」
「良かった!」
と繰り返しています。

小学校3年生から私の人生が変わりました。
母の人生もきっとその日から変わったのでしょう。

リウマチ熱を患い、長い入退院が続きました。

入退院を繰り返すことで人の顔色を見る子になって行きました。

先生の顔
父の顔
母の顔

私ってもしかしたら助からないかも?
でも父が笑ってくれているから大丈夫かも?
って、些細なことが気になる子になって行きました。

でも、今ではこの体験がとても役に立っているのです。

指導者として、些細なことにも気がつき過ぎる指導者になっているのかも?

器を大きくしよう!
器の大きさが弟子の大きさを決めてしまうのだから。

梅雨時の突然現れた昨日午後7時近くの富士山を送ります。

路子富士山
IMG_0538 (1)



2013.06.01 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。