上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第三回全国いのちの食育書道展【フライヤー表】
「食育」ということばは今でこそ誰でも知っている文言となりました。

砂田登志子さんと知り合った30年以上前は
知っている人の少ないことばでした。

彼女はいつも言っていました。
「体育」という言葉は誰も知っていて使っていると同じように
きっといつかは「食育」という言葉を定着させなければならないと。

小泉元首相が厚生大臣時代、
砂田登志子さんとの出会いがありました。

食育の大切さを訴え
小泉首相誕生と共に
「食育基本法」ができました。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO063.html

小泉首相の素晴らしさは
素直に人の言うことに耳を傾けることにあります。

あのとき、あの出会いがなかったら・・・ということが沢山ありますね。

砂田登志子さんと小泉元首相との出会いも重要なターニングポイントだったと
私は確信しています。

その砂田登志子さんから、私は食育を学びました。

早いもので知り合ってから30数年経過しています。
食育推進会議委員は、三島で一番早く食育の大切さを伝えた功績によるものだと
勝手に解釈しています。

食の大切さは私が解くまでもありません。

食事をしなかったら、食べなかったら

健全なるいのちはないのです。


その食の大切さを書道で書くことにより
心に深く留まります。

書は人なりと申します。

過去二回の提出された作品は捨てることができず、大事にしています。

100点の作品があったら
100通りの主義主張が出て来ます。


自分の思ったことを書く事が、楽しいと感じるには時間はかかりません。

自由な発送で、読めるように書いてください。

決して、読めない字は送らないでください。

自己満足だけではだめです。

他の人が見ても

「なるほど!」
と感じる食に関する文言を書いて提出ください。

無料です。

書道家である私の出来る事をしようと決意したのは
数年前です。

試行錯誤し、一般社団法人ここねを立ち上げ
「いのちの全国食育書道展」を開催したのは3年前です。


3回目の今年は
「全国いのちの全国食育書道展」と名を改めました。

一年目は死に物狂いで開催しました。

2年目も必死でした。

3年目は先の見通しが立っているものの
日々の書活動に追われ、気が付いてみたら
また,死に物狂いでやりくりしないと遅刻になる所にいました(苦笑)

ご覧ください!

今年はチラシも新たになりました。

見やすくなったと自負していますが
ご意見お聞かせください。

来年、再来年と必ず参加した方に喜んで頂ける
どこにも無い展覧会にしていきます。

三島市の食育推進会議委員として6年目です。

内閣府の「全国食育大会」にも連続2回参加いたしました。

内閣府でも
「三島の食育親善大使」として認めて頂き
今年はまだ正式な後援許可が下りていませんが
もう時期許可申請頂ける予定となっています。

文部科学省にも後援申請をしましたが
何分、苦手な事務手続きで遅くなってしまい
同様、正式許可がまだの状態です。

皆様のお陰で何とか冠も揃って参りました。

私の動画をご覧ください。
不慣れの為、ああ言えば良かった、こうすれば良かったと反省していますが。

友人の中川真梨沙さんが作成下さいました。
彼女のオフィスで撮影しました。
11月3日に彼女のFBページでご紹介くださいました。

光栄にも、著名な書道家としてご活躍の 福田房仙先生の「全国いのちの食育書道展」の宣伝動画を作成させていただきました☆
様々な年齢の方が、食をテーマに自由に書いていくというもの。書道を通じて食を考えるきっかけになるそうです。食育書道を体験すると小さいお子様も大人も目がキラキラ☆次回出展の申し込み期限が迫ってきました。2014年1月20日締め切り!全国どこからでも、どなたでも応募可能。もしよかったら、是非!

http://youtu.be/kPYhatqN5_I

https://www.facebook.com/shokuiku.shodouten


皆様の応援、心から歓迎します。

参加という応援。

協賛金という応援。

商品提供という応援。

なんでもありがたいです。

心から願いつつ、今日のタイミングで書けたことに感謝です。

最後までお読み頂き感謝です。ありがとうございます!


$房仙ブログ
スポンサーサイト
2013.11.14 Thu l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。